FC2ブログ
  • 2018_10
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2018_12

新米伝統工芸士


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

いいやまの酒

先日、株式会社角口酒造店にて

飯山の米と飯山の水と飯山の和紙を使った「いいやまの酒」の発表会が行われ

ラベルの作り手として出席してきました。

IMG_1301.jpg


いいやまの酒は今年で3年目、2年の試験期間を経て3年目の今回は量を増やしての

発表となりました。

このいいやまの酒は、米、水、ラベルと全て飯山産のもので純飯山の酒となっています。


原料に使われているお米は酒米ではなく、「金崎さんちのお米」で作られた

飯米のキヌヒカリとという品種を使っています。

飯米での酒造りなので杜氏はかなり苦労したようでした。

専門的なことはリンク先のHPを見ていただければと思います。


IMG_1303.jpg


発表会の後は試飲会となり、おいしくいただいてきました。

試飲会では原料になったキヌヒカリのおにぎりも
NEC_0387.jpg
とても美味しかったです。笹の葉で包んであったので笹の香りもいい感じでした。

おにぎりでこれだけ美味しいんだから、酒になっても美味しいわけですね。



販売開始は9月3日から 1,800ml、720mlの各500本の限定販売です。

また、このお酒はいいやまの人に飲んでもらいたいという、杜氏の思いから

飯山市内のみでの販売となっています。

昨年は販売開始1週間で蔵元の在庫がなくなるという大反響。

なので今年はもう予約しておきました。


飲んでみたい方は飯山にお出かけください。








スポンサーサイト

  1. [ edit ]
  2. ブログ
  3. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

新米伝統工芸士

Author:新米伝統工芸士
長野県飯山市で約350年の歴史をもつ内山紙を作っている新米伝統工芸士です。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

blogram投票ボタン

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

« 2018 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。